メイン コンテンツへスキップ

本ウェブサイトは、お客様に最高のブラウジング体験をしていただくためにさまざまなクッキー(Cookies)を使用しています。本ウェブサイトを引き続き利用されることにより、クッキー(Cookies)の利用に同意したものとみなされます。
クッキー(Cookies)ポリシーの詳細については、こちらまたはサイト下部にあるリンクをご確認ください。最新のプライバシーポリシーはこちらをご覧ください。

0
無料トレードガイド
購読する
Please try again
Select

ライブウェビナーイベント

0

経済指標カレンダー・イベント

0

通知を受け取る

ライブウェビナーイベント
経済指標カレンダー・イベント

もっと見る もっと見る
景気後退リスクの高まりによりTLT(iシェアーズ米国債20年超ETF)の見通しが強気に転換|2023年第2四半期の注目のトレード機会

景気後退リスクの高まりによりTLT(iシェアーズ米国債20年超ETF)の見通しが強気に転換|2023年第2四半期の注目のトレード機会

Diego Colman, ストラテジスト

景気後退リスクの高まりによりTLT(iシェアーズ米国債20年超ETF)の見通しが強気に転換、レジスタンスラインの上抜けに期待

FRB(米連邦準備制度理事会)によるインフレ抑制を目的とした急激な金融引き締めにもかかわらず、米国経済は非常に回復力が高いと言える。労働市場のデータは何度も上方修正されており、雇用主が予測に反して雇用者を増やし続けていることを示唆している。この状況において、家計支出は著しく堅調に推移し、経済活動を支えている。しかし、最近の出来事を受けて変化してきている可能性がある。

2023年第2四半期の注目のトレード機会|2023年第2四半期のガイドブック【完全版】を無料で入手するには以下のバナーをクリックしてください。

注目のトレード機会:2023年第2四半期
注目のトレード機会:2023年第2四半期
推薦者: Diego Colman
絶好のトレード機会の予測を無料で入手
ガイドを入手

3月上旬に発生した2つの中堅銀行が2日以内に破綻するという、米銀行セクターの混乱による信用不安を背景に、家計や企業に対する融資基準がより制限される可能性が高い。金融状況の指標は、これらの不利な状況をまだ反映していないが、それでも信用収縮が迫っていることが現状だ。最終的に労働市場を崩壊させて、経済を景気後退におちいらせるきっかけになる可能性があるだろう。

投資家が景気後退に備えているため、金利見通しは低下し、米国債利回りは下落を続けるだろう。米国のイールドカーブの一部は異なる反応を示すかもしれないが、基本的なシナリオでは大幅な下方への移動が見込まれている。実際、FRBが公約を守り、2023年に金融緩和を実施しなければ、金融政策の見通しよりも成長とインフレの見通しを反映する長期債利回りは、マーケットがより深刻な低迷に備える中で、大打撃を受ける可能性がある。

長期債の利回りが大幅に低下すれば、これらの債券価格は逆相関であることを考慮すると、大幅に上昇するだろう。この考え方が実現すると仮定した場合、長期債のパフォーマンスに連動する流動性の高い上場投資信託(ETF)であるTLT(iシェアーズ米国債20年超ETF)は、2023年最初の3ヶ月間の上昇をベースに、第2四半期には強さを発揮する可能性がある。

TLTを買いでエントリーするための2つのアイデアがある。1つ目はサポートゾーンへの押しを待つこと、あるいはレジスタンスラインのブレイクアウトである。ダブルボトムの形成がほぼ完成していることを考慮すると、後者の選択肢が有力になるだろう。なお、この強気のパターンを確認するためには、109.00を明確に上抜けることが必要だ。そうすれば、新たな買い手を呼び込み、中期的に120.00を目指す動きを見せる可能性がある。

TradingViewでチャート作成:ディエゴ・コルマン

2023年第2四半期の注目のトレード機会|2023年第2四半期のガイドブック【完全版】を無料で入手する。

DailyFX はグローバルなFXマーケットに影響を与えるトレンドのテクニカル分析とニュースを提供します。